COZYの中古住宅専門店
札幌の中古物件
(マンション・一軒家)
検索サイト

スタッフブログ staffblog

林
担当 林

2017/05/14

石でも!トメ!

こんにちは。

今回はとってもちいさな箇所の細かいことなんですが、個人的にとってもテンションがあがった件を

ブログに書くことにしました。

 

建築の専門用語で留めという言葉があり、材料をが垂直にぶつかる端を45度に欠きこみ、

どちら側からも材料の断面が見えない取付かたを言います。

よく建築の現場では使いますね。木材などは加工しやすいので、このやり方をすることが多いですね。断面が見えない分きれいだからです。

薄すぎる材料や、小さすぎる材料、細すぎる材料はトメにするのは大変です。

 

今回いままでリフォーム現場で本物の石を内装材として用いる機会がなかったのですが、

機会があり石の張る工程を写真に取れましたのでご紹介します。


コンパネ下地に石用のボンド貼り付けいます。

この二面が垂直にぶつかる角がありますね。

しかし!この石の納まりを見てください!トメです!

職人さんには片側の石の断面が見える張りかたでいいので。とお伝えしたのですが、なんと留めにしてくれていました!!

しかもめちゃめちゃきれいに!初めてやったと言っていたらしいです・・(笑)

石はカットしているのですが、とても堅いですし大きさも厚みもバラバラの今回の張り方にも関わらず、

一番大変な留めで納めてくれました!本当に感謝です・・


 

 

あまりに感動して至近距離で激写しました(笑)保存版です。

 

溝に目地材を充填して乾けば完了です!


 

とってもきれいに仕上がりました!


しかし、留めがわかる箇所目地で見えなくなってしまいました。。

残念です。。

先ほどの写真を大事にしたいと思います(笑)

 

それではまた

 

はやしでした!

 

 

 

TOPへ