COZYの中古住宅専門店
札幌の中古住宅探し
リフォーム

COZYの中古住宅専門店 TOP > スタッフブログ > 2階リビングのメリットとデメリット

スタッフブログ staffblog

藤井
担当 藤井

2020/10/09

2階リビングのメリットとデメリット

皆さんこんにちは!

営業の藤井です。

今回は、最近増えつつある2階にリビングがある戸建について簡単にお話をさせていただきます。

まず、なぜリビングを2階にする方が増えたかといいますと、数年前から地下鉄やJR徒歩圏の土地の価格の

高騰が凄まじく、そのような好立地でかつ広い土地を購入することがご予算的に非常に難しくなってきました。

ですので、必然的に土地を少しでも小さくして価格を抑えてお家を建てる方がたくさん増えてきました!

となると、1階の陽当りが悪くなったり、開放感をだすため等の理由でリビングを2階にする方が増えていると

いうわけです!

そこで、今人気の2階リビングのメリットとデメリットを下記に記載させていただきます!

☆メリット

・陽当りや眺望が良い:2階リビングの最大のメリットだと思います!1階よりも長時間陽の光を浴びることができ

また視界を遮るものが少ないため場所によっては遠くまで見渡せる眺望があったりします!

・狭小地でもプライバシーを守れる:住宅が密集している地域では隣家との距離が近いため、リビングが

1階にあると外からの視線が気になることがあります。2階リビングなら隣近所の視線を極力気にせず

過ごすことができます。

・バルコニーと相性が良い:車を持っている方の場合、1階の外スペースは駐車場しかつくれないことも

多いのではないでしょうか。2階リビングとつながるバルコニーを併設すれば、ちょっとしたガーデニングや

第二のくつろぎスポットとして豊かな時間を過ごすことができます。

・耐震性が良くなる:リビングを設計する時は、できるだけ広く見えるようにデザインされるのが一般的です。

なので1階にリビングをつくる場合は柱や壁など、家の支えとなるものをなるべく省く傾向があるようです。

2階をリビングにすると、1階が各居室になるため必然的に下の階に壁や柱が集まり、家の構造がしっかり

します。

・天井が高くなる:2階建ての家の場合、リビングを2階に設計すると、天井の自由度がきくようになります。

勾配をつけたり、天井の高さを上げて吹き抜けをつくったりすることで、より開放的に見せることができます。

・居心地が良いため家族の時間が増える:日当たりが良く、周りからの目が気にならない2階リビングには

自然と人が集まります。子どもが部屋にこもらず、親も仕事がはかどるのでリビングに来るため、家族の時間が

増える傾向があるようです。

★デメリット

・子育て世代には難点が:2階の大部分をリビングとして使用すると、前述のように、当然その他の部屋を

1階に割り当てることになります。2階にリビングがあると1階の子ども部屋の様子が分かりにくいという欠点が

あるのでお子さんが帰宅しても気づかなかったり、リビングに上がってくる機会が減ってしまったりするため

2階リビングと子ども部屋の位置のバランスについて、慎重に考えた方が良いかもしれません。

・階段の上り下りが負担に:最大のデメリットだと個人的に思います。

2階にリビングがあると、必然的に階段の上り下りが増えます。

買い物から帰宅した時に重たい物をその都度2階へ運ぶのは大変なことですよね。

自分自身が歳をとったり、介護を必要とする家族が出てきたりすると、階段の上り下りが大きな課題になる

ケースがあるため、2階にリビングをつくる場合は、老後のことも含めた長期的な目で考える必要が

ありそうです。

・水まわりの工事費用アップが考えられる:生活動線を良くするために、リビングと同じフロアに洗濯場や

トイレを持ってくるケースが多いようです。水まわりの設備を2階に持っていくとなると、重量の問題が

出てくることがあります。特に浴室を2階へ新設する場合、浴槽にお湯を張ったときの重さに耐えられるよう

補強工事が必要になる場合があります。また、1階と2階それぞれのフロアで大掛かりな給排水工事を

行うことになり、費用が高額になりやすいので注意してください。

・広い土地には合わない構造:広い土地の家だと、かえって不便な点の方が増えてしまうかもしれません。

1階に庭がある家庭では、庭が広ければ広いほど手入れが大変です。

また、宅急便を受け取る時などに、リビングから玄関までの移動距離も長くなってしまいます。

・夏場は灼熱地帯になるケースも:日当たりが良いという長所は、逆に言えば暑さも取り込んでしまうことにも

繋がります。立地にもよるでしょうが、断熱性や遮光性に配慮して設計されていても、ある程度暑くなって

しまうことは覚悟しておきましょう。

庭はほとんど使わなくなる:メインに使うのがバルコニーか庭かという点も、リビングの位置を考えるときの

判断基準になります。バルコニーとの繋がりが抜群というメリットの反面、庭を使う機会はほとんどなくなり

ます。本格的な家庭菜園などをする予定の場合、2階リビングは不向きかもしれません。

 

いかがでしょうか?

陽当りや眺望、開放感重視の方は理想のお家になる可能性がものすごく高くなります。

反面、広い土地が希望だったり、階段の上り下りの負担や老後が心配な方は避けていたほうが無難かも

しれません。

 

それぞれのポイントを抑え素敵なマイホーム購入をしましょう!!

TOPへ

ジョンソンホームズはレバンガ北海道を応援しています/johnson homes ラウンジシート誕生!ジョンソンホームズはレバンガ北海道を応援しています/johnson homes ラウンジシート誕生!